×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


効果的な話し方とテクニック

教え方のスキルというのは非常に重要です。
講師の知識や経験、人柄、そして熱意が問われます。 特に、声の大きさや口調、ジェスチャー…といった話術的なものは、講師への評価に直接つながりますので、講義テクニックは事前に練習し習得しておきましょう。

話すスピードというのは頭で理解するだけでなく繰り返し練習しておくことで身につくコーチングスキルです。
特に緊張すると早く話してしまいがちですので、ぜひ事前に何度も練習しておきましょう!


話すときのスピード
自分では「少し遅いかな」と思うくらいが、聞く側には丁度良いスピード
口をしっかり開けて、語尾まではっきりと発音します。
[ad]DVD付 講師を頼まれたら読む「台本づくり」の本
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4806139157/
強弱、高低、アクセントのバランスの取れた声が、いわゆるよく通る声です。
大勢の前で講義をする時など緊張しがちな場面では、どうしても話すスピードが速くなりがちです。自分では「少し遅いかな」と思うくらいが、聞く側には丁度良いスピードです。早口にならないよう気をつけましょう。
ナレーションのスピードは、漢字と仮名を交ぜて、1分間に280字程度だそうです。一本調子にならないように、大事な箇所はゆっくり、層でない箇所はサラリと流すというのが理想です。



〓 上手な教え方・話し方、講義・セミナーのすすめ方の目次 〓
  1. 講義・セミナーの基本
  2. 講義概要(トークプラン/企画書)の作成
    1. 1) トークプランのチェック項目
    2. 2) トークプラン作成上の注意点
  3. 講義の流れ
  4. 効果的な話し方とテクニック
    1. 1) 話すときの態度
    2. 2) 話し方と言葉遣い
    3. 3) 話すときのスピード
    4. 4) 「間」の有効活用
    5. 5) 時間の管理
  5. 居眠り防止
  6. 質問の仕方
    1. 1) 質問の効果
    2. 2) 質問の作り方
    3. 2) 質問作成時の注意点
  7. 本の読み方
    1. 1) 本の読み方(一般書籍の読み方)
    2. 2) 本の読み方(雑誌の読み方)
    3. 3) 本の読み方(私の読み方)
  8. 本の探し方・選び方
    1. 1) 本の探し方・選び方(既読本から探す方法)
    2. 2) 本の探し方・選び方(読書の達人流 書店の歩き方)
    3. 3) 本の探し方・選び方(ネットを使ったて本を探す)
  9. コーチングやセミナー講師(上手な教え方・話し方)関連のオススメ本一覧
  10. コーチングやセミナー講師(上手な教え方・話し方)関連のリンク